読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しうまい.log

ゲームで遊んだり、ワンコと遊んだりして楽しく暮らすよ

2016年に遊んだゲームを振り返る

ダウンロード販売のみのゲームとか、もうちょい遊んだ気もしますが…
スクリーンショット撮ってたり、
今年遊んだゲームはこれだ!…ってのは以下の通りでした。

モンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス  - 3DS

モンスターハンタークロス - 3DS

個人的な評価:★★★★☆
過去作からの集大成、お祭り的な作品。
過去シリーズほどにはハマることはできず。
 
要因としては、
・懐かしいキャラが出てくるけど、ちょいと顔を見せては消えていく。
 懐かしいけど、ほんとそれだけで扱いが軽い。
・後半のクエストは重めで、ソロや家庭内2人プレイぐらいだと、
 1クエスト30分くらいは見積もる必要ありでしんどい。
・お気に入りの狩猟笛にマッチするスタイルを見つけられず…。
 スラッシュアックスでズバズバ攻撃してるのが最も楽になってしまった。

次のダブルクロスもお祭り騒ぎですかねぇ。
シリーズの振り返りとしてはアリだと思いますが、
そろそろトライみたいに、
じっくり遊ぶ、落ち着いて遊ぶ新作が出てほしいなぁ。
…でも、トライあんまり売れなかったから、そういう商売出来ないのかなぁ。
 

スプラトゥーン

個人的な評価:★★★★★
今年も去年と同様に楽しませてもらいました。
ストフェスの演出も素晴らしかったし、シオカラーズのCDも素晴らしかった。

SPLATOON LIVE IN MAKUHARI -シオカライブ-

SPLATOON LIVE IN MAKUHARI -シオカライブ-

 
「20分くらいゲームできるな」と思った時に、
すぐに遊べて、切り上げようと思ったらすぐだし、
社会人ゲーマーにもとても優しい。
 
この辺の、単位時間当たりの満足度の高さがすごい。
未だに他のゲームと競合しちゃいます。
 

幻影異聞録#FE

幻影異聞録♯FE

幻影異聞録♯FE

個人的な評価:★★★★★

アトラスRPGをベースに、芸能会を舞台に、FEネタを絡めたRPG
面白いキャラクターは多々登場するし、
そこから展開されるストーリーも面白いし、
戦闘システムもサイコー。
 
ペルソナ好きな奥さんにも遊んでもらいたいところなのですが、
なかなか手を出してくれないので残念。
 

テラリア(3DS版)

テラリア - 3DS

テラリア - 3DS

個人的な評価:★★★★☆
クトゥルフっぽいモンスターが出てくる世界で、
好き勝手に冒険する感じのゲーム?
 
3DS版の特徴、下画面でのペン入力は便利でした。
ただ、自分の建築センスが微妙だったことを痛感。
かなりハマってたのですが、
世界の左右の端っこ、地の底に到達したら冒険心がつまずきました。
 
3DS版で得なければ、もっと広いと聞いたような気がするので、
冒険心が復活したら、別機種版でも良いからもうちょいチャレンジしたいです。
 

カルドセプト リボルト

カルドセプト リボルト - 3DS

カルドセプト リボルト - 3DS

個人的な評価:★★★★☆

過去策より侵略ばんざいなバランス、
扱いが面倒だったアイドル系の世界呪い化など、
かなり好ましいバランスになった印象。
残念なことになった、サーガの子達も復活してますしね。
 
ストーリーはアリシアさんがメインヒロインだと思ったのに、
そこはちょい残念というか意表を突かれたというか…。
 
以前よりスピーディに対戦できるとは言え、
ある程度まとまった時間が必要で、かつ非常に頭を使うため、
仕事が忙しい時期に遊ぶのはしんどいのが大変。
 

ポケモン超不思議のダンジョン

ポケモン超不思議のダンジョン

ポケモン超不思議のダンジョン

個人的な評価:★★★☆☆
誕生日割引を利用した、不思議のダンジョンRPG
ポケモン出すぎて、もう覚えられない…。
 
あと、ダンジョン外でのストーリー展開も多めで、
不思議のダンジョン系をガッツリ遊びたい!…という気分には、
そこまでマッチしない感じがしました。
ポケモンシリーズの派生としては良いのかもしれない。
 

ウィッチャー3

個人的な評価:★★★★★
発売は昨年ですが、2016年に 購入して遊んだゲームの中では一番の完成度。
遊ばないとゲーム人生でもったいない級の名作。
3作目ですが、何の予備知識も無い状態で遊んでも楽しめました。

スカイリムなんかとは違って、
主人公のキャラクター設定が決められた上でのオープンワールドRPG
ウィッチャー(怪物退治を生業とする人)のゲラルトさんも影響力でかい人物だけど、
世界を救う的な力を持ってるのは別の人で、ドラクエ5の主人公ぐらいな立場?
そういうポジションも良いっすね。
 
奥さん曰く、「すげえぇイケてるおじさんが活躍するゲーム」、
「イケおじゲー」だそうです。
個人的には今年の流行語でした。「イケおじゲー」。
 
今後はJRPG的なものにオープンワールド的な要素を入れると、
ウィッチャー3が比較対照にあがってしまうのかなぁ。辛いっすねぇ。
 
大物モンスター退治の依頼があったりすると、
・関係者からの情報で現場を調査
・血の跡やら足跡などの痕跡確認
・モンスターの住処を見つけて戦闘!
みたいな流れが好きでした。

ああいうの、モンハンの世界でもできないかなぁ…。
スポーツ化しつつあるモンハンではなく、もうちょい渋い感じのやつで。

相手に応じてウィッチャー特性のオイルを剣に塗って攻撃すると効果大、
というのも渋くて良いですね。
ジョジョでは第2部が大好きなので。

一応、欠点的なものを振り返ってみると、
・慣れるまで操作がややこしい
 ※剣での攻撃、印(魔法)攻撃、アイテム使用がごっちゃになって混乱する。
・過去の登場作品の登場人物を知らないと、
 「んー初めて見る人だ。変なおっさん。」
 …みたいな人が、ゲラルトとは旧知の仲で、超重要人物だったりすること。
  ※一応、人物辞典やらでちゃんとフォローはされてます。

モンスターハンターストーリーズ

モンスターハンター ストーリーズ - 3DS

モンスターハンター ストーリーズ - 3DS

個人的な評価:★★★★☆
こちらは、プレイ後にしっかり感想を書いております。
「モンスターハンター ストーリーズ」感想 - しうまい.log
 
新しい層を開拓するための作品で、
MH無印から遊んでる人はターゲットじゃないだろう…、
と勝手に思っていたら、これが意外に楽しめる作品でした。
 
関連グッズの展開が上手くいってるのかは解りませんが、
ゲーム単体で十分に楽しめる内容になってます。

2017年展望

まずはなんだかんだでMHダブルクロス
あとは「Nintendo Switch」 も買っちゃいますね。
時期が被りそうなのが厳しいけど。
スプラトゥーンの新作はいつ頃かなぁ。
 
fallout4もそろそろ遊んでおきたいなぁ。
あ、ウィッチャーは翻訳やら吹き替えが素晴らしかったですね。
ベセスダの辺な翻訳に戻れるだろうか?
アレはアレで味があって良いと感じるのだろうか?

年明けは仕事がヤバそうな気配を感じていますが、
ゲーム時間が残される程度でお願いします!…と、
念入りに初詣しておきたいと思っています。